当前位置:首页 > ブランド服 > エルメネジルド ゼニア アマン東京でカクテルパーティを開催

エルメネジルド ゼニア アマン東京でカクテルパーティを開催

 エルメネジルド ゼニア アマン東京でカクテルパーティを開催

 エルメネジルド ゼニア アマン東京でカクテルパーティを開催

 

イタリアンデザインとジャパニーズクラフトの融合(1)

「エルメネジルド ゼニア クチュール」コレクションのヘッドデザイナー、ステファノ・ピラーティ氏のデザインを日本の素材、職人の技術を用いてクリエイションするMADE IN JAPAN カプセルコレクション。その発表を記念したパーティがアマン東京を舞台に開催された。

アマン東京初となるイベントを開催

「エルメネジルド ゼニア」が会場として選んだのは、都内でも屈指のラグジュアリーホテル「アマン東京」。昨年12月にオープンして以来、ホテルがパーティ会場となったのは初めてのことだという。会場にはステファノ・ピラーティ氏も訪れ、ディナー、そしてカクテルパーティが開催された。

窓際には今回のイベントの主役である、MADE IN JAPAN カプセルコレクションが展示され、写真家ホンマタカシ氏が次世代を担う5人のキー オピニオン リーダー(KOL)を東京の都市風景とともに撮影した「メイド イン ジャパン」写真展もお披露目となった。

デジタルサイネージに映し出されるのは、ホンマ氏によるポートレートとムービーで、カプセルコレクションを纏ったKOLたちの姿を東京を象徴する場所で撮影された。このビジュアルのコンセプトとなったのは、エルメネジルド ゼニアが提案するボーダレススタイルで、それにホンマ氏独自の解釈がくわえられている。

ステファノ・ピラーティ氏が語るプロジェクトの鍵

――カプセルコレクションのパートナーとして日本を選んだ理由は

世界最大級の店舗である銀座グローバルストアのオープンを祝して、カプセルコレクションを発表したいとかんがえていました。エルメネジルド ゼニアが誇る価値観である、ファッション感度の高さ、最上級のクオリティ、傑出したクラフツマンシップに支えられた、上質かつ男性的なエレガンスを称えるプロジェクトです。

――イタリアと日本のモノづくりにおける共通点とは

イタリアと日本は、おたがいにクラフツマンシップやサルトリアスタイルの卓越性といった価値観を共有できる国だとおもっています。特にパートナーを選ぶにあたり、テキスタイルメーカーを出自とするエルメネジルド ゼニアが、そのクオリティの高さに敬意を表している日本の生地メーカーとの関係性や、イタリア式テーラーリングやエレガンスに対する経験値のあるトップクラスの技術者をリサーチするなど、タイムレスな芸術作品をつくるために注力しました。

Ermenegildo Zegna|エルメネジルド ゼニア
ステファノ・ピラーティ&ジルド・ゼニア(Stefano Pilati, Gildo Zegna)

――カプセルコレクションのデザインにおいてもっとも気を使った点は

エルメネジルド ゼニアらしさを失わず、日本のクラフツマンシップを感じるものになるように配慮しました。どちらかに偏ることなく、双方の良さをいかした作品になるようにバランスをコントロールしました。

――コレクションを発表した感想や周囲からのリアクションは

予想を超えるみなさんの高い関心、細部や詳細を知りたいという欲求に驚きました。でもこの熱心さが、まさに品質や趣、クラフツマンシップに対する、イタリアと日本に共通した情熱からくるものなのでしょうね。

327_16

――今回のイベントを通じて感じたこと

とても素晴らしいひとときで、MADE IN JAPAN カプセルコレクションのアイデアを頂点に高めることができました。プレゼンテーションの場所もパーティ自体もエキサイティングで、本当に感動的でした。KOLとの会話も楽しむことができましたし、彼らとのコラボレーションを将来のプロジェクトにつなげていけたらと願っています。

 

    

正文(*)(留言最长字数:1000)

回到顶部