当前位置:首页 > ブランド時計 > ルベルク AMC 2018新作

ルベルク AMC 2018新作

ルベルク AMC 2018新作

超スーパーコピー時計 バーゼルワールドで"尖った"独立系メゾンが集まる会場として注目を集めていたPALACE(パレス)と呼ばれる会場がありました。

元々はメイン会場とは別に近くの広場にテントを設営していましたが、バーゼルワールド自体の規模の縮小に伴い、3号館に移り、ついには消滅してしまった…という歴史はリアルでは体験していませんが、伝聞で聞いています。

ちなみに、ノーブルスタイリングさんのパレスイベントはこのパレスの熱気を日本にも持ってきたいという趣旨で同じ名前を付けたそうです。


さて、パレスに出展していたブランドのうち、一部は本会場内のアトリエ(LES ATELIERS)と呼ばれるエリアに出展するようになり、ラング&ハイネ(Lang & Heyne)やチャペック(CZAPEK)はこちらに出展しています。

別の一部は会場隣のハイペリオンホテル(旧ラマダホテル)内で展示を行っています。

往時を知る方によると"パレスっぽい"雰囲気はアトリエよりハイペリオンホテルの方にあり、より尖ったブランド・作品が多かった印象です。




ロビーに机を並べたり、カンファレンスルームを使って展示を行っています。


今回はハイペリオン組からウルベルク(URWERK)のAMCをご紹介します。

これは、SIHH2018でムーブメント側だけ紹介されたAMC(Atomic Master Clock)の完成版となります。

まずは全容をご覧いただきましょう。

まるで兵器のコントローラーのような外観です。

AMCは機械式の腕時計(子機)とGPSに同期した原子時計の置時計(親機)がセットになった時計システムで、腕から外した腕時計を置時計にセットすることで巻き上げ・時刻合わせ・緩急調整を自動で行い、常に最適な状態を保つコンセプトです。

左側に微妙に見切れていますが、別途GPSのアンテナが付属しており、置時計内部の原子時計はGPSによって校正されます。


時計を測定器と見ると、時刻合わせや緩急調整というのはより高位の標準器(Standard)と比較して校正(Calibration)を行うことに他なりません。

時刻合わせはともかく、緩急調整はユーザーが行うことは不可能でしたが、ウルベルクはタイムグラファーを内蔵し、ドライバーが必要とはいえ緩急針にユーザーがアクセスできるEMCという提案を行ってきました。

AMCは時計内に内蔵しない代わりに使いやすさ(ユーザビリティ)をより向上させています。


置時計には大きく分けて二つのパネルがあり、時計をセットするパネル1と操作ボタンが並んだパネル2です。


パネル1です。

左側がリュウズを回す巻き上げ部分、上側が各種調整を行うプッシャーです。

操作中は時計をロックするため、それらの状態を示すためのLEDも設けられています。


奥側に置かれていた緩急調整を行うリンクです。

手前のA-TIME / M-TIME INTERFACEというのは原子(Atomic)時間と機械(Mechanical)時間を接続(Interface)する部分という意味です。

ほとんどの部品はアルミ削り出し、あえてツールマーク(切削痕)を残すデザインと見えます。




ムーブメントの解説です。

右側に見えるコレクターを置時計が押すことにより、緩急調整と時刻合わせのモードを切り替え、リュウズでコントロールする仕組みのようです。

このプッシャーは人間が押すことは想定しておらず、調整は置時計専用のようです。


EMCでは内蔵のタイムグラファーが光学的にテンワの振動を測っていましたが、AMCでは純粋な機械式時計になったため通常のタイムグラファーと同じ音で検出する方式のようです。

また、上側に緩急調整量(RATE ADJUSTMENT)を見るためのインジケーターも設けられています。




サファイアバックにより、ユニークなムーブメントを観察することができます。

スーパーコピー時計通販

    

正文(*)(留言最长字数:1000)

回到顶部